大人気の深世海!Switch新作の神秘的なゲーム!まさに新世界!?

深世海はSwitchとAppleArcadeででリリースされている新感覚潜水探索アクションゲームと銘打っているゲームです。とても雰囲気の良いゲームなので、思わず買ってしまったり、気になっている人が多いのではないでしょうか?ここでは深世界の魅力やゲームで困りそうな部分について解説したいと思います。よく深世界や新世界と間違われることがありますが、深い世の海で新世海です!

深世界ってどんなゲーム?

深世界のジャンルは潜水探索アクションゲームとある通り、探索型のアクションゲームになっています。思わず雰囲気だけで買ってしまった人も少なくないと思います。

ゲームのストーリー・世界観など

ゲーム内ではほとんどシナリオに関するテキストが表示されません。一応言葉なしで世界観やストーリーのなんとなくを伝えてくれるのですが、ある程度頭に入れた状態で遊んだほうが理解が深まりやすいと思います。公式サイトでは以下の様にありました。

地表が氷に覆われ、人々が海中で暮らすことを余儀なくされた世界。
長い年月が経った今も
迫りくる氷は広がり、全ては朽ち果て続けている。

世界にたった一人生きている主人公。
崩壊が日常となってしまった日々を淡々と過ごす中、
偶然、道の機械との出会いが訪れる。

その出会いは、広く深い「世海」への先導となる…

”世界はどうしてしまったのか?”
”同じように生き延びている人はいるのか?”
”「世海」のそ子には何があるのか?”

広く深い「世海」で待っていた数々の疑問

この「世海」の謎を探るため、深い海の底を目指す。

様々な海洋生物、水圧、酸素残量、海に沈んだ「世海」の遺物…
海の美しさ、脅威のすべてが、「世海」に残された最後の未開の地"深海"へと誘う。

深世海公式サイト

知ると結構な極限設定になってます!ゲーム内でも今まで歩いてた場所が氷で覆われていく様はちょっと怖いです。海の中では常に潜水服を着ており、ボンベの中の空気が無くなるとゲームオーバーになってしまいます。ボンベは複数個所持出来るのですが、高い場所から勢いよく落下すると割れてしまったり緊張感の途切れない場面が多いです。

ゲームの進め方

ゲームの進行方向はいたってシンプル。深海を目指して潜航を行うというものです。しかし初期の潜水服では深い場所の水圧に耐えることが出来ず、探索を行える場所が制限されます。そこで行動可能な範囲の中で潜水服を強化することが出来る素材を集め、耐圧力をアップさせることで行動範囲を広げて行くことが出来ます。

潜水服を強化するには、採掘などで強化に必要な素材を手に入れる必要があります。チュートリアルでもライトを使った指南はあったのですが、自分はこれに気づくのにかなり時間がかかりました。怪しい場所を見つけたら、ライトを付けて赤く光る場所を探し出します。赤く光った場所は採掘を行うことでアイテムを手に入れることが出来ます。運が良ければ潜水服強化が行えるアイテムが手に入りますよ!

ボンベは無くても大丈夫!安全度の確保だと考えよう

ゲームを開始して、しばらくはボンベが手に入りやすかったり、空気の補給がしやすい状態が続きます。しかし落下などでボンベが割れてしまうことがあります。はじめのうちはボンベを大事にしたい気持ちが大きいかもしれませんが神経質にならないで遊ぶのが良いです。余剰分のボンベはない状態でもクリアが出来る様になっています。

そもそも落下で割れる要素があるので、ない状態でのクリアも想定されています。ボンベの他に空気を回復するアイテムもありますが、あくまで探索を楽にするための要素になっています。

そのかわり、即ゲームオーバーなギミックもたまに現れますので、こまめなセーブは大事です!

新しい進路を確保するには手に入れたアイテム!敵とのバトル!?

物語を進めるには、潜水服を強化するだけでは進めなくなります。道中では様々なアイテムや武器を手に入れます。それらを使うことで道をひらく必要が出てきます。手に入れた直後に練習がてら使うギミックがあったりしますが、テキスト見逃していたり、慣れないうちは対応したアイテムに気づきにくかったりします。

まぁ上記のギミックは石に使うべきアイテムのアイコンが表示されているんですが、なぜか気づくのに凄い時間かかってしまいました。この他にも多数のギミックが行く手を阻んで来ます。

やりこみ要素!?アクション性の高いエリアもあり!

また、ゲームのやりこみ要素として、深海コレクターというアイテムがあります。氷に閉ざされる世界のおもちゃかな?と思えるようなものもチラホラとあります。オブジェは進行に必須ではありませんが、やり込みたい人は是非集めてみると良いかもしれません。

取得するにはいつものステージより、少しむずかしいギミックがあったり、即ゲームオーバーになってしまう要素があったりします。必死に入手してもうっかりセーブし忘れると再度取りに行く必要がありますので、セーブはしっかりとしましょう。牛のオブジェクトを取りに行くところでは、ワイヤーを連続で引っ掛けて渡る必要があるエリアになります。うまくいかないとついついムキになってしまいますね。

イヤホン・ヘッドホンを使って臨場感を楽しもう

あとはゲーム開始時に勧められるのですが、イヤホンやヘッドホンを使うことで、臨場感の高い水中サウンドを楽しむことが出来ます。イヤホンに関してはなぜか有線を指定されますが、無線でも全然楽しめます。ブクブク音が心地よいので、遊ぶ際は試してみてはいかがでしょうか!

各ステージ攻略

現在執筆中