【リグワン】クイーン・オブ・ハートの強み・ドローショットのタイミング

リグワン(リーグオブワンダーランド)のドローユニットであるクイーン・オブ・ハートが面白い性能なので、使ってみたら思った以上に強かったので、特性と、ドローショットの使うタイミングをまとめました

クイーン・オブ・ハートの性能

出典はおそらくアリス・イン・ワンダーランドのハートの女王でしょうか。もっと怖い印象でしたけど、これならトランプたちが従う理由も納得ですね。しかたない。

単体の性能としてはそれほど高くはないですが、攻撃目標が「地上/空中」と序盤には少し厄介に飛行ユニットにも対応出来ます。

さらにドローショットが他とはことなり、直接攻撃を加えるわけではないのが特徴です。使うタイミングによってはほぼ成果が出ないで終わることもありますが、状況とタイミングが噛み合えば、かなり強力なドローショットになります。

トランプ剣士を召喚する

クイーン・オブ・ハートのドローショットは、投擲系のドローショットなんですが、着弾点にトランプ剣士を召喚することが出来ます。

召喚とか言ってますが、姫様の傍若無人っぷりを考えてると部下を投げつけているようにしか見えません・・・。ちなみにクイーン・オブ・ハートのレベルを上げることで、召喚できるトランプ剣士のレベルも上がるので、可能な限りユニットのレベルを上げておくとよいでしょう。

建物系への攻撃

一番ぶっささるのは、建物系の特に無抵抗なものへの奇襲が効果的です。世界樹のような後半に攻勢をかけるためのMP供給元を断つのに、クイーン・オブ・ハートは適しているといえます。

ミニオンを守るデコイ役

召喚されるトランプ剣士は、行動前から敵の攻撃対象になってしまい、出す場所によっては何も出来ないままやられてしまうのですが、それを逆に利用してミニオンが拠点に突っ込むためにほかの攻撃を引き付けることが可能です。

下図のような状況で、敵拠点前で大鬼などが粘っている時、中央ライン少し後ろぐらいにミニオンが前進しているところで、敵拠点前にトランプ剣士を派遣すると、拠点からの攻撃や相手ミニオンがトランプ剣士を標的にするので、自軍のミニオンがちょうど守られた形で拠点に突撃します。

派遣したトランプ剣士自体が活躍しない場面が多くて有効性がわかりにくいことがしばしばありますが、うまく使うことでクイーン・オブ・ハートはかなり重要な戦力になります。

ちなみに上の図のような場所だと拠点間の弓兵士にも攻撃をされるので、単独で攻撃を狙う場合は両端のどちらかから攻めた方が効果的です。

スペシャルミッション

また、スペシャルミッションにもクイーン・オブ・ハートの使用があります。まだ使っていないのであればぜひ使ってみて下さい。

おすすめなのは、ネズミ兵士などを吐き出す拠点などを使ってくる相手がいれば積極的にぶつけていくと勝ちやすくなります。

まとめ

決してビジュアルに負けて使ったわけではないですが、クイーン・オブ・ハートがかなり強力ということがわかりました。

実は自分でも使ってて、全然効果が得られなかったんですが、ちゃんと見返すとかなり成果をだしてました。ユニット自体が目立たない分、こっそりと勝利を重ねることも可能かもしれないですね。