ライザのアトリエを振り返るpart4

2019年10月5日

無事島に戻ったライザたち。説教もそこそこに、大人たちは歓迎の宴のためにブルネン邸へ。ライザたちは村の方へと移動する。

大人たちをよそに、ライザたちは村に戻る

3人で話ながら歩いていると向かいから誰かがやってきました

開口一番でライザとの関係がわかりやすくていいですね。

村の有力者の息子のボオス。

腰巾着のランバー

ライザたちがモンスターに襲われたところを助けられた話がすでに噂になっているみたいです。

言われたい放題ですが、言い返せないライザ

日頃からライザたちが目障りな感じですね

言うことを聞かないライザたちに恨みでもあるんでしょうか

二人は宴に参加するため去りましたが、すこしまいってしまったライザ

今日は解散です。

かなりへこたれてますね・・・

部屋に帰り、言われたことを思い返すライザ。

島から出ることを最初の一歩ととらえているんですね。

物思いにふけっていると、レントとタオがやってきました。ニュース?

落ち込んでるの心配してくれてるんですね

タオ、お前・・・
普段のやり取りが垣間見えていいですね。

アンペルさんとリラさんに関する情報?

これにはライザも反応

旧市街に引っ越してきたらしいです

ライザが錬金術に興味を示していたのをちゃんと見てたんですね

元気が出てきたライザ

善は急げ!一気に元気が出てきました

毎度のことなのか、やれやれといった感じ

幼馴染いいですね

旧市街へ出かけようとしたところで両親に止められるライザ

すでに何かを察したライザ

畑の手伝いをするように言われるが、抵抗する様子

畑は生き物。飲まず食わずで1日過ごせる?というのはなかなか考えさせられますね

お父さん背中向けたまま話なんてしちゃうから・・・

逃げられちゃいましたね

お父さんの境地にたどり着く日はくるのか!?

そんなこんなで旧市街にやってきた

なかなか立派なおうち

レントはなぜかドキドキしてます

タオもレントもそれぞれ目的があって来てます

他の二人のことはそこそこに、ごめんくださーい

いざ入るとなると、さすがに緊張

片付けが一段落済んだみたいです。りらさんは苦手な模様

3人ともお願いが

レントは戦い方

タオは遺跡調査や書籍について

ライザはもちろん錬金術のこと

アンペルさんも困った様子だが、、、ん!?

タオの持っている本が気になるみたいです

地下の書庫にあった本、どうやらアンペルさんは読めるご様子

「当たり」ってからにはかなり旅をしてきたんですかね。

その一言でリラさんも察した模様。どうやらレントに稽古付けてくれるみたいです。
村に長いをするってことでしょうか

頑張れレント

さて問題の錬金術は、素質の有無が大きく左右するのでどうしたものか。

落ち込む・・・

でも逆にいえば素質さえあればやれるということ!

錬金術とは・・・と説明が始まるが

リラさんの手厳しい一言wまぁそんなタイプに見えますよね

とりあえず調合やってみましょう。まずは採取から

近くで材料を集めてきましょう

簡単なことだとしても、大事な一歩

レントとタオもそれぞれ指導してもらえるみたいです。

採取、頼まれました!

落ち込んだり元気が出たり忙しいライザですが、興味を持った錬金術の素質を確かめるべく採取へと向かうのであった。

次回、まずは一歩の始まり・2へと続く!